【松戸市】梅雨になったら紫陽花(あじさい)を観賞!@本土寺(ほんどじ)

あそびば

こんにちはーはるでーす。

梅雨シーズン到来ですねー、ジメジメする日が続きますが、夏を待ちわびじっくり過ごしましょう。

今回は、今の時期だからこそ見られる紫陽花(あじさい)。6月と言えばあじさい、あじさいと言えばあじさい寺!そうです、東葛のあじさい寺として有名な「本土寺」についてのご紹介致します。

スポンサーリンク

あじさいの開花状況

訪問した6月初週現在、まだアジサイは八分咲き花菖蒲(ハナショウブ)は満開みたいです、花菖蒲も有名なんですねぇ、知らなかった。併せて見てみましょう!

やはり今月いっぱいがアジサイも見頃でしょう、雨の降る時期だからこそ見ておきたいスポットですね!

本土寺に向かう参道沿いのアジサイはまだ蕾もあり満開では無いですが、だいぶ花開いていました。

あじさいは時間が経つと色あせていきますので、そういった意味では満開前の今も見頃かもしれません。

接写すると分かりますが花と蕾が混在している状況ですね!

アジサイは土壌のPhによって色が変わりますが、写真のあじさいはすべて青色なので土壌は酸性に傾いているのでしょうね。勉強になりますね!

参拝者用駐車場は少しだけ、周辺には有料駐車場あり

本土寺は常磐線の北小金駅が最寄りになりますが、歩くと約15分くらいかかります。

車で向かう場合、お寺にも駐車場があるのですが、ほとんど台数がありません。車で向かう場合は参道沿いに有料駐車場がいくつもありますのでご利用をご検討ください。

境内には駐車場はございません。
国道6号線でおいでになる方は、小金消防署が交差点からよく見えて大きな目標になります。
5月下旬から6月末までの紫陽花のシーズンの土・日は北小金駅横のJR跨線橋周辺を中心に大渋滞になります。

本土寺の無料駐車場は収容台数が少ないため、参道両脇にある有料駐車場に空きがある場合は
駐車することをお勧めします。

周辺地域に一時預かりの駐車場が複数ございます。
ただし時期によっては混雑の可能性もありますので、できれば公共交通機関やタクシーなどで
お越しいただくことをおすすめします。

本土寺HPより引用

正面にある仁王門から参道沿いに進んでいくと、境内に入る少し手前に参拝者用の無料駐車場が用意されています。

手書きの看板があるので迷うことは無いかと思います。が、HPや看板にしつこく書かれているとおり、参拝者用の駐車場は広くはありません。(大体15台くらいかな?)

アジサイのシーズンは混雑すること間違い無いので、車で行く場合は早朝などピークを避けた時間帯か参道沿いにある有料駐車場の利用を検討しましょう。

開門時間に注意!あじさいシーズンは有料参拝期間

これはちょっと失敗したので、注意してください。アジサイが咲く時期の開門時間が異なります!

通常時はお寺なので明朝から開門しているのですが、アジサイの時期は9時からの開門です。

なにも考えず朝からきたら閉門してます、、、朝から来る方は9時少し前着くようにするといい具合です。

車停めて門に向かうと、あれなんか閉まってない?密回避で朝から気持ちよく来たのに空いていなかった、、、

ちゃんと本土寺のHPに載っていました、コチラの確認不足です、、、

あじさいと花菖蒲のシーズンは有料参拝期間ということで、通常時と開門時間が異なりますので、早くとも9時から向かうようにしましょう。チェック不足でした、、、

令和3年5月29日より紫陽花・菖蒲の有料参拝期間となります。

参拝時間

開門5:00~閉門17:00 年中無休
有料参拝期間は開門9:00〜閉門16:30(最終入場受付は16:00)
寺務所受付時間は9:00~16:30となります。

本土寺HPより引用

有料期間中の参拝料金

あじさいと花菖蒲のシーズンは参拝料がかかります。境内に入る前の門の脇にて支払い、境内へと進みます。

  • 大 人 500円(中高生以上)
  • 団 体 400円(二十名以上)
  • 障害者 300円(手帳を提示)

梅雨シーズンだけのアジサイ観賞を

いかがでしょうか、今回はリサーチ不足から中に入れなかったので、大事な情報を載せられず残念な結果に、、、

早々にリベンジし境内の中をまた別にご紹介できればと考えております!

ジメジメーっとした季節ですが、あじさいは今の時期だからこその楽しみ!たまの晴れ間、暑くなる前に見に行ってみてください。

参道沿いのアジサイもキレイだったのでヨシとしましょう!ではではー。

⬇あじさい鑑賞リベンジ行ってきました!

コメント