「御前山青少年旅行村」のキャビンでキャンプ。Dをセレクト!

あそびば

こんにちはーはるでーす。

キャンプの秋!ということで、今回は茨城県常陸大宮市、「御前山青少年旅行村」でコテージというかキャビンでキャンプしてまいりました。

結論から言うともう毎年リピート確定最高ですね!ただいくつか注意点ありますので、ご検討している方は是非ご一読ください!

到着したての受付付近
スポンサーリンク

今回はキャビンDに宿泊

親子五人で宿泊でしたので、今回は定員6名のキャビンDに宿泊いたしました。

肝心のキャビンはというと、外観はウッドな感じでいい雰囲気、山の中来たーっ!って感じますね!

キャビンD付近周辺も広々車も止めやすい!
宿泊したのはD-5でした

キャビンのすぐ裏にはキャビン専用のBBQ場もありこれまたいい感じ。ベンチも備付であって何にも持ってく必要なし!

キャビン脇にしっかりBBQ場完備
キャビンのリビングからスムーズに出入り出来る位置関係になってました。

中に入って行くと、、、少し年季は入ってますが清潔感あるログハウスという感じです。

トイレは流石にウォッシュレット無し、ここは致し方ないでしょう。キャンプで綺麗な洋式便所ということで及第点ポイントです。

ウォッシュレットは無いけど清潔感バッチリ

そしてそして、なんとシャワーどころか風呂釜つき!ここがコテージ泊の良いところですねぇ。別荘ですね!

しっかりシステムバス
脱衣所も感じで汚れてもバッチリでした

さらに調理器具関係はというと、フライパンから包丁、ザルから何から、冷蔵庫はもちろんのこと電子炊飯器まで一通り揃っておりました。

写ってないですが、シンクの左に冷蔵庫と電子ジャーがあります。

食材と調味料、あとラップとアルミホイルぐらい持っていけばあとはとりあえず何とかなるぐらいありますね!スポンジとかも綺麗なの置いてありました。

もし雨降ってもBBQできずともカレーだけは食べれますね!

これだけ揃ってなんと一泊20,000円しないんですから泊まらないわけないですね。

その他レンタル品も激安でした、薪も炭も売ってます

薪は一束、炭は3kgで700円でした。ちょっとお高めな気もしますが、まぁこんなもんでしょう。

その他レンタルは激安!トング付きで網が100円、着火剤はなんと一個35円!

はんごうとかまな板とかも50円とか100円とかで借りれるのですがこれはテントサイトの人ようですね。とにかく食材だけ持ってくればあとは手ぶらでも楽しめるぐらいレンタルも充実してました!しかも激安!

荷物少ないにこした事ないのでレンタル品の充実はありがたいですね!

キャビン選びの注意点

私はここ御前山青少年旅行村リピーターなのですが、批判覚悟でキャビン選びの注意点をあげておきます、それは、、、

キャビンはCかDにすべし!という事です。

前来た時は定員同じだったので何も考えず安い方のキャビンAを選んだのですが、正直雰囲気が、、、笑

年季入っていることと、キャビンの位置的にA、Bは森がうっそうとしていて、なんだか湿気とかちょっと別荘感は無いんですよね、、、

もちろん、「いやそもそもキャンプなんだから部屋と布団あれば充分だろ!」という意見もあると思いますが、

あくまでプチグランピング、プチ別荘気分を味わうならば、CかDをオススメしてます!

Cも一回泊まりましたが、Dと違って山の上の方なのでまた雰囲気違っていいんでよねー。

備考、キャビンCとキャビンDの違い

Cのいいところ

まず大きさですがCの方が大きいです。Dは二階建てですが、Cは中2階のようになっていて三階層になってます。なので定員も一名多い7名仕様です。

あとはCのほうが山の上の方にあるので眺望もよいです、周り全部山!キャビンの一階、調理場の脇から外に出れるちょっとした展望スペースみたいのもあり、またキャビン自体が三階層で何というかアスレチック感もあり、ワクワク度的にはCのほうが高い気がします!

CがイマイチでDのいいところ

キャビンDのほうがいいのはまず設備です。Dは風呂おけもついてて至れりつくせりですが、Cは構造上なのかシャワールームになります。

またDはベンチ完備のしっかりしたBBQスペースという感じですが、Cはドラム缶と丸太イスというかなりワイルド設備になってます。キャンプファイヤーとかはドラム缶のほうが盛り上がりますけどね!

あとはDは受付から割と平坦でかつ近くにあるのですが、Cは山道を登っていくことになります。これが割と急なので、車の下擦らないかなと若干ヒヤヒヤするのと、受付に薪とか炭を歩いて買いくるのに時間くうので若干マイナス。

ただこれも、キャンプなんだから車高高い車に全部積んで山の上までいくもんだろ!という考えもあると思いますので一長一短です、

実際Cのほうが隣のキャビンとも割と離れてて森の中キャンプ来たなぁという感じはありますね!Dは周りも整備されてるし綺麗すぎて逆にという方もいるかもしれません、この辺は行くチームにもよりますし好き好きですね。

あと大事なことですが価格はDのほうが安いです!!キャビン選びに迷ったら参考にしてください。

カマドでまったり火を見るのもいいです

御前山青少年自然村のゴミ捨てルールなど

ルールは昨今のキャンプ場事情から考えるとかなりゆるいですね笑

いい意味で昔ながらです。ゴミ捨ても無料!ありがたい。分別も大まかにカンビンとペットボトルとそれ以外燃えるものという感じです。

そのほかやはりキャンプというとどうしても騒いでしまう方もいるのですが、村のルールで注意に応じなければ警察を呼んで頂けるという心強い決め事がありました。

村の掟

楽しみポイント色々

まずですね、今回一番テンション上がったのがこれ、キノコです、

タマゴダケというキノコなのですが、これがまた珍妙で最初絶対毒だと思ったら食べれるらしい!しかも本当にタマゴのカラみたいのから生えてるし色も可愛い!

タマゴダケもう少しで生まれそう

残念だったのが、なんというか卵から生まれたばかりの状態のタマゴダケがあって、マリオに出てきそうなめちゃくちゃ可愛い感じだったのですが薪とか運んでて撮影できず。翌日ゴミ捨てついでにとろうと思ったら既に完全体になってました、、、早い、、、

タマゴダケ完全体、かわいさがなくなってます、、

でも本当に自然だらけで散策するだけでも楽しいのでオススメ、敷地内には展望台なんかもあり、またマウンテンバイクも借りれるとのことです。どんな感じなのか今度借りてみます。これまた安くて3時間400円とか破格なので、さすが公営!

行楽シーズンは御前山青少年自然村で大自然を満喫しよう

いかがでしょうか?

御前山周辺は那珂川だったりダムだったり、少し行くと龍門大橋や袋田の滝など観光地だったりと見どころ充実。

カヌー体験などのアクティビティーもあるのでがっつりキャンプだけじゃなく色々楽しむスポット満載です!

周辺の散策もいろいろ

テント派の人もたまにはキャビンで全部揃ったのんびり別荘キャンプを楽しんで、余った体力でマウンテンバイクや山道散策など自然を満喫してみてもいいのでは。

ひろーい自然村を散策してみてもよし

自然村から車で5分くらいのところに温泉もあり9時からやってまして、そういう我々はガツガツせず温泉でまったりくつろいで帰りました。温泉から見える山々も雄大で最高ですよー。

都心からも2時間弱で着く自然の中でゆったり別荘気分味わってはいかがでしょうか、また紅葉の時期に行こうかな。ではではー。

朝焼けも綺麗でしたよー

部屋の中あんまり写真撮ってなかったなぁ、、、すいません、、、

コメント